「キタムラで修理を頼んではいけない(戒め)」という話

発端

先日、中古で買って2年弱経ったレンズが壊れました。
遠めの距離にオートフォーカスが合わなるという症状でした。
中古で買ったので前のオーナーが荒く使ってたのかなとか、Panasonicタイマーが存在するのかなとか、色々思ったのですが、とりあえず修理に出すことにしました。
ネットで調べると、カメラのキタムラに持ち込むと修理してくれそう、ということが分かりました。

店舗修理受付のご案内
https://shop.kitamura.jp/files/syuuri/tenpo/index.html

ネットで軽く調べると、1.5万円弱と、まあ妥当な値段で直してくれそうなので、実際に出してみました。

見積もりはネットでみた定額15,000円(税別)の通り。
キタムラにカメラ修理を頼んできた

店舗修理に出してみた

実際に店舗にレンズを持っていって、修理に出します。
店頭で「修理取次」を依頼すると、紙を書いて提出するだけでした。
取次手数料の1100円を現金で支払って、その日は終了。
ちょうど2週間後くらいに、修理料金の連絡がハガキで来ました。(今どきハガキ…)

ハガキ「見積もり:59719円」

見積もり:59719円(大事なことなので2度)

たっか。

いや新品買ったほうが安い

「この商品は分解修理不可のため」

動作確認したようで、フォーカス不良を確認したそうです。
(ミラーレス一眼のレンズとかいう商品が分解修理できないのかよ・・・)
(分解修理できないなら何で「よくある質問」とかに書いておいてくれないんだろう・・・)

結論

カメラのキタムラで修理を頼んではいけない(戒め)

この記事は参考になりましたか?(率直な投票お願いします!)(間違っている場合はコメントでも指摘いただけるとありがたいです!)
  • とても参考になった (2)
  • 少し参考になった (0)
  • 普通 (0)
  • 参考にならなかった (0)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA