独学で理系・会計初心者が簿記2級に合格した話

第154回簿記2級に合格したので、その記録を残します。

はじめに

スペック

理系・大学院生・修士2年生
IT系業界に行く予定
会計系の勉強は初めて(簿記3級などの資格なし)(授業を取ったこともなし)

動機

簿記は仕事で特に必要というわけでもないのですが、なんとなく以下のような理由で受験しました。

  • 春休み中の暇つぶし勉強のモチベーション
  • 自分の資産をきれいに管理したい
  • 転職(しないと思いますが)のとき、多少箔がつく???
  • 管理的な職種になったら必要な考え方???

実際のスケジュール

ちなみに、試験は2月23日13時~です。

  • 1月初旬:申し込み
    申し込み方法などはホームページを見ていただくのが確実だと思います。私は、町田商工会議所で試験を受けたので、久美堂という書店で申し込みました。
    そして、申し込みしてから勉強を開始しました。遅すぎですね。
    様々なホームページ等で調べたのですが、勉強は大まかに「工業簿記→商業簿記→演習」という流れのようです。
    実際、それが良いと思います。余裕がある人は、工業簿記の前に、簿記3級の勉強したほうが良いと思います。

  • 1月中旬:工業簿記の本を購入
    購入してからしばらくは、1日(土日含む)平均1~2時間勉強しました。
    工業簿記が一通り終わったので、商業簿記の本を購入しました。

  • 1月下旬(29日):商業簿記の本を購入
    試験1ヶ月前切っていますが、このタイミングで購入しました。(遅い)
    商業簿記は内容が難しく、同じ時間やっても参考書の進むページ数が少ないため、1日(土日含む)平均2~3時間程度は、粘り強く勉強しました。
    途中から、前日やった範囲の「練習問題」を取り組むようにしました。面倒ですが、確実に覚えていけるので、やったほうがいいです。
    ペースアップしたため、試験2週間前くらいには一通り終わったのですが、2月中旬に旅行の予定があったため、2月の試験前1週間で過去問をやるハメになりました()

  • 2月中旬(18日):過去問を購入
    完全に遅いんですが、過去問を購入しました。簿記は過去問を重視すべきでない、と書いているサイトもありますが、知識だけではない「問題を解く力」を養えるのは、端的には過去問だと思います。
    試験直前だと、過去問の書店在庫が薄くなっていることが多いです(反省)。注意しましょう。
    試験1週間前は、1日6時間程度、過去問を1日平均1.5年分やるようにしました。
    「やったのは覚えているけど忘れてる…!」とか「こんな難しい問題解けねえ~」とか結構ありますが、全ての問題をしっかりと復習することが重要です。
    (あとは、肝試しとして、簿記ナビの超難しい模試をやっておくといいかもしれません。難しすぎて「肝試し」と読んでおきます)

  • 試験前々日・前日・当日

試験前々日・前日は、過去問に加えて、「あやふやになっているところ」の練習問題を繰り返し解くようにしました。(具体的には連結修正仕訳(仕訳のみ)と、CVP分析です。)
当日は、練習問題を解いたノートを眺める程度でした。

使った本

  • テキスト:パブロフ流でみんな合格!日商簿記2級テキスト&問題集(商業簿記、工業簿記)
    勉強って、「始めるハードル」がめっちゃ高いと思います。しかし、この本なら、導入部分が漫画でできているのでハードルが低いです。この本を買った最大の理由がコレです。
    また、練習問題も逐一ついているので、一冊で勉強をするには効率が良いと思います。(実際の試験対策はコレ一冊では無理ですが…)

  • 過去問:ドンドン解ける! 日商簿記2級過去問題集
    本屋にこれしか置いてなかったです…正直、問題があれば良いのと、解説はネットに落ちているので、何でも良いと思います。
    (大原の方が、直近の問題が載ってるので、精神衛生上は良いと思います。)

反省

悪かった点・後悔

  • 始めるのが遅かった
    必要な勉強時間を確認して,「1日何時間できるから,何日前から勉強しよう」というのが全くありませんでした。
    実際、過去問をやっている1周間は精神的に辛い時もありました。

  • 簿記3級を勉強していないので,「何となく」で商業簿記の勉強をしていた
    3級で基礎を学んでいないので、「こういう問題が来たらこう答える」という感覚で勉強していました。
    大元から会計を考える心を学んでいないので、「資格は取れたが、本質は掴めているか微妙」という感想を持ちました。
    さらに、今回、2級の勉強しかしていないのですが、3級の内容も出題されることがあります。(パブロフのテキストも、3級を勉強した前提で本が出来ています。)時間がある方は、3級の勉強を軽くでいいので、取り組むことをオススメします。

良かった点

  • 練習問題を振り返るようにした
    商業簿記を勉強する際、前日の内容の練習問題を解き直すようにしました。

  • 合格ラインを意識しながら勉強した
    簿記試験の合格ラインは「得点」だけです。試験の難易度によりません。過去問を採点する際は「ここができるはずだったのに出来なかった」というところを見極め、「次は絶対ミスしない」という気持ちで復習しました。(精神論)

  • そこまで金に糸目をつけなかった
    特に試験直前の話です。過去問の解答用紙はコピーして何回も使えるように…とはせず、直接書き込みました。お金は多少かかっても、時間のかからない方を選んだのは正解だったと思います。

  • 「今日はここまでやらなきゃいけない」と自分を追い込めた
    完全に精神論ですが、「今日は調子がいいから80ページすすめる!」などと決めた日は、必ず達成するようにしました。

結果

合格しました!

合格率3割弱という、やや簡単な回でしたが、合格することが出来ました。
また、合格証を受け取る際に「ちなみに得点とかって分かりますか?」と聞いたら、得点開示してくれました(ありがとうございます)。その結果がちらです。

(スゲェ!(AA略))(自画自賛)

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました。
勉強法は、その人にあったものがあるので、ここで書いたものが最適とは言いません。実際、パブロフから出ている簿記のアプリなどを使ったほうが、スキマ時間でもっと勉強できたかも…とか思っています。ので、この記事は参考までに…
これから簿記2級に挑戦する人は、「粘り強く」「自分を追い込んで」勉強すれば、必ず合格できると思います。(そもそも、士業の類ほど難しくはないハズなので…)
また、(当たり前ですが)「早めに」「毎日」取り組むことは重要だと思いました。
頑張ってください!!!

この記事は参考になりましたか?(率直な投票お願いします!)(間違っている場合はコメントでも指摘いただけるとありがたいです!)
  • とても参考になった (0)
  • 少し参考になった (0)
  • 普通 (0)
  • 参考にならなかった (0)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA