logicool M590 筐体レビュー

(筐体についてのレビューですので、logicool FLOWやBluetooth、Unifying両対応などについてはガン無視します。)

左からM590、M505、M235です。
M590
M590は、他の2種に比べてお尻が大きく、手にフィットするような作りになっています。

指がフィットするような くぼみ はありません。
M590
お尻は大きいですが、M505と同じくらいの面積です。あまりスペースを占領しません。

表面はマット調になっていて、プラスチックのつるつる感はありません。
M590
写真では分かりづらいのですが、濃いグレーといった感じで、黒色ではないです。

  • その他
    • 静音マウスですが、サイドボタンや横スクロールは結構音が大きいです。M505の横スクロールよりうるさいです。
    • ホイールはノッチ感のあるタイプで、最近のlogicoolに多い、転がした感触のないタイプではありません。
  • まとめ
    比較機種を見れば分かりますが、私はノッチ感のあるスクロールじゃないとダメな人間です。外ではM235を使用していたのですが、横スクロールができず不便でした。また家用のM505がいつダメになるか、ヒヤヒヤしていました。
    そんな中、ノッチ感のあって横スクロールのできる、そしてそれほど高くないこのマウスは買って正解でした。(これでいつM505が壊れても問題ない?)

  • 追記
    クリック感はかなり軽いです。

この記事は参考になりましたか?(率直な投票お願いします!)(間違っている場合はコメントでも指摘いただけるとありがたいです!)
  • とても参考になった (0)
  • 少し参考になった (0)
  • 普通 (0)
  • 参考にならなかった (0)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA