Chromebook(非開発者)でSSHポートフォワーディングする方法2022

背景

ググってもこれといった記事がなかったので記事化しました。
某VPSサーバを契約しJupyterLabを使っています。
WindowsではWSLのSSHを利用してポートフォワーディングでブラウザ(localhost)からアクセスしていましたが、Chromebookを購入して同じことができないのかと、気になり、やってみました。
(ダイナミックフォワードではない方ですが、ダイナミックも多分できます)

方法

ステップ1:ChromeウェブストアからSecureShellを入れる

「Chromebook ssh」などでググると、crosh(Ctrl-Alt-t)を押してからsshと入力せよ、などの記事が散見されますが、できませんでした。
結果から言うと、Chromeの拡張機能を入れてやるようです。
https://chromium.googlesource.com/apps/libapps/+/HEAD/nassh/README.md
上記サイトのInstallからChromeウェブストアに飛んでインストールしてください。

ステップ2:SSH接続(確認)

インストールしたら、Google Chrome右上の拡張機能ボタンから、Secure Shellを押します。(ピン止めすると便利です)

接続ダイアログを押すと次の画面になります。
(インストール直後は勝手に次の画面になるのかも・・)

自由形式のテキストはUI上での表示名なので、なんでもいいです。
ユーザ名ホスト名は、コマンドでSSHするときのuser@hostをそれぞれ入力します。
ポートを変えている人はSSH引数のところから-p 22などとします。

[ENTER]接続のボタンから接続し、パスワード入力して接続できることを確認します。
(秘密鍵認証はIDのところで指定すればできるっぽいです。クライアントの公開鍵をサーバに登録するタイプの認証は、開発者にならないとできない模様)

ステップ3:ポートフォワーディングの設定を入れる

SSH引数のところに、-L 8888:localhost:8888などと追加して、[ENTER]接続を押します。
次にChromeでlocalhost:8888を指定して、JupyterLabに接続できれば完了です。

この-Lオプションは、リモートのポート8888を、localhostのポート8888に対応付けてくれ。具体的にはリンクを張るイメージで、localhost:8888にアクセスしたらリモートの8888の内容を表示してくれ、という意味です。
私は、Windows環境では、sshコマンドに-N -fなどとオプションをつけていましたが、ここでつけるとエラーになる模様です。

結び

いかがでしょうか?(クソサイト風)

基本JupyterLab上でしかコーディングしない&JupyterLabをインターネットにさらす度胸がない非開発者なので、開発者モード使わない縛りでChromeOSからSSHポートフォワーディングしてみました。
Chromebook関連の記事は3年以上前だと古くて使えないことが多々あるので、ちょっとあれですね・・・
(まあ大方croshとかいうイケてない機能制限ターミナルが進化してくれればいいだけの話ではあります。)

この記事は参考になりましたか?(率直な投票お願いします!)(間違っている場合はコメントでも指摘いただけるとありがたいです!)
  • とても参考になった (0)
  • 少し参考になった (0)
  • 普通 (0)
  • 参考にならなかった (0)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA