iPhone6sを初期化して,バックアップから復元した話

はじめに

「iPhone、3年間くらいずっと使ってきたので重いなあ」と思っていました。
ので、「バックアップを取る→iPhoneを初期化(工場出荷時に戻す)する→バックアップから復元する」というステップをやってみました。そのときの備忘録です。
記事の内容は2019年12月14日時点の内容です。

ステップ

バックアップを取る

iCloudは課金しないと容量が圧倒的に足りないので、Windows(PC)のiTunesからバックアップをとりました。
バックアップファイルは、外付けドライブに入れることができるようなので、そうしました。
コマンドプロンプトをいじらないとういけないので、中級以上向けですが…
 参考:iTunesのバックアップ先を変更する方法
「バックアップを暗号化」はしておいたほうがいいそうです。暗号化しないと、LINEの履歴などは消えることがあるらしいです。
だいたい、1時間くらいかかりました。iPhone 6s 64GBで。
バックアップのフォルダは20GBくらいありました。(おそらく大半が写真です…)

iPhoneを初期化

「設定アプリ→一般→リセット→全てのコンテンツと設定を消去」からできます。
色々確認して、初期化します。
「iCloudに写真をバックアップしていないが大丈夫?」みたいなことを聞かれましたが、iTunesにバックアップしていれば問題なかったようです。
(もっとも、私はいつもGoogle photosにもバックアップしてるので、万が一消えても問題ないのですが…)
初期化自体は5分くらいで終わります。

バックアップから復元

iPhoneの初期化が終わると、つないでいたPCのiTunesから「昔の設定を復元しますか?」と出てきます。ので、復元をします。
これが、結構時間がかかります。多くのデータをiPhoneに戻しているので、当然といえば当然ですが。
だいたい、2時間くらいかかりました。これも、データの多さなどによると思います。

アプリを再インストール

バックアップから復元すると、ホーム画面はバックアップ時のようになりますが、復元直後はアプリが入っていません。
そこで、放置しておくと、App Storeからアプリのダウンロードが行われます。
アプリの量にもよりますが、これもまた1時間くらいかかります。
さらに、iPhoneが熱くなります。アプリをいっぱいダウンロードするので、Wi-Fi環境を強くおすすめします。
以上で、iPhoneは元通りになりました。

引き継がれたもの

  • 「写真」の中身
  • 多くのアプリの設定・履歴(LINEの会話含む)
  • Safariのタブ
  • メッセージの履歴
  • 通話履歴
  • Wi-Fi、VPNの設定
  • Apple watchの設定(ウオッチフェイスやSuicaの設定なども)

引き継がれなかったもの

  • Touch IDの指紋(そういう仕様のようです)
  • Apple Payのカード(CVC再入力が必要になりました)
  • スクリーンタイムの履歴(土曜日にかけて作業したので「先週のスクリーンタイムは0分です!」と通知が来ました)
  • バッテリーの使用履歴(あまり見ないかもしれませんが)
  • 荒野行動の細かい設定(SCボイスの順序、画面レイアウトなど)
  • 住信SBIネット銀行のスマート認証アプリ(設定・履歴がリセットされていました)

まとめ

時間はかかりましたが、簡単にできました。
やはり、アプリによっては、細かい設定が消えてしまいこともあります。
しかし、大半のアプリ・設定はそのまま引き継がれました。
iPhoneが重い方、トライしてみる価値あるかもです!

この記事は参考になりましたか?(率直な投票お願いします!)(間違っている場合はコメントでも指摘いただけるとありがたいです!)
  • とても参考になった (0)
  • 少し参考になった (0)
  • 普通 (0)
  • 参考にならなかった (0)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA